もっと美味しく味わいたい 人気のうなぎ料理の楽しみ方

土用の丑の日や夏バテ対策に食べるだけではもったいない、美味しくて体にもいいうなぎ。全国各地にうなぎ料理の名店があり、とっておきの美味に出合うことができます。蒲焼きやひつまぶしといった料理のほか、うなぎの豆知識や楽しみ方などをご紹介します。

人気ランキングはこちら▸

旅色編集部 Pick up

  1. Pick up1

    うなぎのやまげん 加治屋店
    うなぎのやまげん 加治屋店
    うなぎのやまげん 加治屋店
    うなぎのやまげん 加治屋店
    うなぎのやまげん 加治屋店
    うなぎのやまげん 加治屋店
    うなぎのやまげん 加治屋店
    うなぎのやまげん 加治屋店
    うなぎのやまげん 加治屋店
    うなぎのやまげん 加治屋店
    うなぎのやまげん 加治屋店
    うなぎのやまげん 加治屋店
    うなぎのやまげん 加治屋店
    うなぎのやまげん 加治屋店
    うなぎのやまげん 加治屋店
    うなぎのやまげん 加治屋店

    うなぎのやまげん 加治屋店

    鹿児島県 / 鹿児島市

    鹿児島県産の高品質なうなぎを楽しめる老舗

    養殖うなぎの生産高が全国1位の鹿児島県に3店舗を構え、地元に愛されている老舗うなぎ専門店。こちらは鹿児島市加治屋町の中心地にある「加治屋店」で、ほかに1号店の「川内店」、鴨池公園近くの「鴨池店」があり、多くのファンでにぎわっています。鹿児島特有のシラス台地の湧水で育てたうなぎを使用し、色や艶、タレ、香り、味のすべてにこだわり、ふっくらと芯まで炭で焼き上げたうなぎ料理は絶品。夏以外にも、年4回の土用丑の日にイベントを行い、人気を集めています。

    鹿児島県 / 鹿児島市

    うなぎのやまげん 加治屋店

    住所
    鹿児島県鹿児島市加治屋町3-17
    アクセス
    電車:九州新幹線鹿児島中央駅より徒歩約10分、車:九州自動車道鹿児島ICより約10分

うなぎ料理の美味しい食べ方4選

タレの香ばしい風味に心おどる うなぎ料理の王道、蒲焼き

うなぎ料理と聞いて、一番に思い浮かべる「蒲焼き」。調味料やタレを加えずに直接焼いた「白焼き」に、醤油、砂糖、みりんを用いたタレをつけながらさらに焼きます。関東は白焼きを蒸してから蒲焼きに、関西は蒸さずに蒲焼きにするという違いがあります。

名古屋のうなぎ料理の代表格 食べ方いろいろ、ひつまぶし

刻んだうなぎの蒲焼を、おひつのごはんの上に乗せた「ひつまぶし」。名古屋名物として知られています。まずはそのまま味わい、次はネギやわさびなどの薬味と一緒に。最後は添えられたダシをかけてお茶漬け風にと、さまざまな食べ方で味わうことができます。

うなぎ本来の味と香りを楽しむなら タレはつけない白焼き

うなぎにタレをつけずに焼き上げる「白焼き」は、あっさりとした味わいと食感が特徴。蒲焼き以上に、うなぎ本来の旨味や香りをしっかりと感じることができます。シンプルに、塩、醤油、わさび、柚子胡椒などでいただくのがおすすめです。

うなぎときゅうりの酢の物 酒肴としても愛される、うざく

細かく切ったうなぎの蒲焼きと、きゅうりの薄切りを和えた酢の物。うなぎのコクと、酢の酸味のバランスが絶妙で、あっさりと食べられます。うなぎ専門店では、うなぎを巻き込んだ卵焼き「うまき」と並ぶ定番メニューで、酒肴としても人気が高い一品です。

もっと知りたいうなぎのキモ知識

天然うなぎの旬は、冬!

「土用の丑の日」から、夏が旬と思われがちなうなぎ。養殖では一年を通して美味しいうなぎが食べられますが、天然モノは、冬眠に向けて脂を溜め込む秋から冬が旬です。

うなぎの名産地といえば

日本各地にうなぎの名産地があり、美味しいうなぎ料理を提供する名店が揃っています。特に有名なエリアとして、静岡県、鹿児島県、愛知県、宮崎県、高知県があります。

なぜ、うなぎに山椒?

蒲焼きによく山椒をかけて食べますが、「爽やかな辛味がうなぎの美味しさを引き立てる」だけではなく、「山椒の抗菌作用が食中毒予防によいから」ともいわれています。

知ればもっと美味しい 人気のイタリアン

タレの香ばしい風味に心おどる うなぎ料理の王道、蒲焼き

うなぎ料理と聞いて、一番に思い浮かべる「蒲焼き」。調味料やタレを加えずに直接焼いた「白焼き」に、醤油、砂糖、みりんを用いたタレをつけながらさらに焼きます。関東は白焼きを蒸してから蒲焼きに、関西は蒸さずに蒲焼きにするという違いがあります。

名古屋のうなぎ料理の代表格 食べ方いろいろ、ひつまぶし

刻んだうなぎの蒲焼を、おひつのごはんの上に乗せた「ひつまぶし」。名古屋名物として知られています。まずはそのまま味わい、次はネギやわさびなどの薬味と一緒に。最後は添えられたダシをかけてお茶漬け風にと、さまざまな食べ方で味わうことができます。

うなぎ本来の味と香りを楽しむなら タレはつけない白焼き

うなぎにタレをつけずに焼き上げる「白焼き」は、あっさりとした味わいと食感が特徴。蒲焼き以上に、うなぎ本来の旨味や香りをしっかりと感じることができます。シンプルに、塩、醤油、わさび、柚子胡椒などでいただくのがおすすめです。

うなぎときゅうりの酢の物 酒肴としても愛される、うざく

細かく切ったうなぎの蒲焼きと、きゅうりの薄切りを和えた酢の物。うなぎのコクと、酢の酸味のバランスが絶妙で、あっさりと食べられます。うなぎ専門店では、うなぎを巻き込んだ卵焼き「うまき」と並ぶ定番メニューで、酒肴としても人気が高い一品です。

もっと知りたいうなぎのキモ知識

天然うなぎの旬は、冬!

「土用の丑の日」から、夏が旬と思われがちなうなぎ。養殖では一年を通して美味しいうなぎが食べられますが、天然モノは、冬眠に向けて脂を溜め込む秋から冬が旬です。

うなぎの名産地といえば

日本各地にうなぎの名産地があり、美味しいうなぎ料理を提供する名店が揃っています。特に有名なエリアとして、静岡県、鹿児島県、愛知県、宮崎県、高知県があります。

なぜ、うなぎに山椒?

蒲焼きによく山椒をかけて食べますが、「爽やかな辛味がうなぎの美味しさを引き立てる」だけではなく、「山椒の抗菌作用が食中毒予防によいから」ともいわれています。

シーン別にお店を選ぶ

とっておきの老舗で特別感を 接待や記念日のために

「うなぎのぼり」という言葉があるように、縁起のよいごちそうとして、長い間日本で親しまれてきたうなぎ料理は、重要な接待やおもてなし、大切な記念日を彩るのにぴったりの食べ物です。うなぎの名産地として有名なエリアはもちろん、東京や大阪など大都市にはうなぎ料理の老舗や名店があり、接待や記念日のために選ばれてきました。なかでも希少な天然うなぎを扱う店は珍しく、より特別感を感じることができるでしょう。

  • ひつまぶし 鰻伸

    愛知県 / 名古屋市北区

    ひつまぶし 鰻伸

    名古屋名物「ひつまぶし」で絶品うなぎを堪能

    JR・私鉄各線の大曽根駅から徒歩約10分の場所で、名古屋名物「ひつまぶし」が食べられる。“笑顔のみなもと、うなぎのちから”をキャッチフレーズに、その時期ごとに最も良質なうなぎを全国から厳選して仕入れ、当日の朝にさばく。米はコシヒカリをベースに数種をブレンドし、炊きあがりとお茶漬けの両方で食感が味わえるように試行錯誤を重ねているそうだ。タレは旨味の濃いたまり醤油や数種類の醤油、甘みがありながらもサラリとしたみりんを絶妙なバランスで配合している。バンテリンドームを訪れた際はぜひ味わってみよう。

  • なまずや一宮分店

    愛知県 / 一宮市

    なまずや一宮分店

    国産うなぎの老舗で商標登録された味を堪能

    連日のように行列ができる「なまずや一宮分店」は、尾張一宮の地で愛され続ける、商標登録されたうなぎ料理が自慢の老舗名店。うなぎ丼、うな重、長焼きなど、創業当時から国産うなぎにこだわり、一流の板前が丹精込めて作り上げる極上のひと品をいただこう。また、うな丼は、普通の丼ぶりと「中詰め」があり、「中詰め」は、ご飯の上だけではなく中にもうなぎが入っているので存分に満喫したい人におすすめ。夜には、まず売り切れになってしまうきも焼、特製の酢味噌でいただく鯉の刺身、裏メニューの漬物などもお試しあれ。

  • 割烹かたおか

    千葉県 / 茂原市

    割烹かたおか

    四季を感じられる日本料理と和の空間

    JR茂原駅から徒歩約14分の所にある、日本庭園を眺めながら食事を楽しめる割烹料理店。厳選した食材を使い、“煮方・焼方・刺し方”それぞれの職人が調理することで、素材の味を最大限に引き出した料理を提供している。デザイナーが設計した店舗は、和の雰囲気。テーブル席を設えた広間や個室のほか、カウンター席、2階には畳敷きの個室を備えている。結納や賀寿といったお祝い、法事、会社の会合などの料理や弁当にも対応可能だ。

  • 銀座 四代目 高橋屋

    東京都 / 中央区

    銀座 四代目 高橋屋

    “日本一丁寧な仕込み”を施したうなぎが自慢

    歌舞伎座タワーにほど近い創業約150年の歴史を持つ老舗割烹店で、歌舞伎界をはじめ各界の著名人もお忍びで訪れるという名店だ。「ミシュランガイド東京2024」にも選出され、伝統の味と心を込めて仕上げるうなぎは、世紀を超えて継承されてきた逸品。“日本一丁寧な仕込み”を信念に、食材選びから本焼きまでの全7工程には一切妥協がなく、小骨の処理など一尾の仕込みで約2時間もかけているという。食材・調理工程・食器・空間にこだわり、すべて一流を求めるその様は、まるで食と芸術を楽しめる小さな美術館のようだ。

接待や記念日に使いたいうなぎが食べられるお店をエリア別で探す

気軽にふらっと立ち寄って カジュアルに味わう

高級食材として知られるうなぎですが、江戸時代には庶民に愛された料理でした。今でも、うなぎで有名な地域や下町などには、ふらっと立ち寄って、う巻きやうざく、白焼きなど気軽にうなぎを味わえる店があり、昔から息づいている食文化を感じることができます。また、うなぎの部位ごとに、串に刺して焼き上げる「うなぎ串」をウリにする店も。焼き鳥のような感覚で、手頃なお酒のアテとして味わうことができます。

  • 鰻 むさし乃

    埼玉県 / さいたま市浦和区

    鰻 むさし乃

    “うなぎの町・浦和”でブランドうなぎを堪能

    “うなぎの町・浦和”で約60年営む「鰻 むさし乃」は、受け継がれ磨かれてきた技術を駆使して焼き上げたうなぎを食べられる店。使用しているうなぎは、本来の味わいを大切にしながらも、天然うなぎ以上の栄養価を目指して品質改良された、日本一とも称される宮崎県産のブランドうなぎ「和匠うなぎ」。生産者、問屋、店の信頼関係を大切にして仕入れている。そんなうなぎは、小骨を丁寧に1本1本抜き、より多くの串を打ち、しっかりと蒸し、備長炭で焼き上げている。フワッととろけるような、極上の味わいを。

  • 炭火うなぎ 美濃金 各務原店

    岐阜県 / 各務原市

    炭火うなぎ 美濃金 各務原店

    備長炭で焼き上げるこだわりのうなぎ

    その時期に美味しい良質なうなぎと、秘伝のタレが自慢の「炭火うなぎ 美濃金 各務原店」。うなぎは信頼のおける老舗専門問屋から仕入れており、通常のうなぎよりも脂の乗りが良く、身が厚いのが特徴だ。合わせるタレは、古くから伝わる製法で作られた醤油を使用し、みりんとたまりで贅沢に調合。炭から発生する遠赤外線効果を、職人が最大限に引き出し注文ごとに焼き上げ、タレに4度漬ければ、うなぎの脂と炭火の燻製が合わさった逸品となる。ほど良い甘みと粘り気があるお米と一緒に、絶品のうなぎをいただこう。

  • 魚夏

    香川県 / 高松市

    魚夏

    上質な料理が味わえる和食・海鮮料理の老舗

    JR屋島駅から徒歩約5分の和食・海鮮料理店「魚夏」は、1917年に前身である鮮魚店から始まった老舗。長い歴史で培ったノウハウと技術を活かし、毎朝せりに出向く店主が厳選した瀬戸内海の鮮魚を使い、上質な和食を提供している。店内は落ち着いた雰囲気で、プライベート空間が確保された掘りごたつ席の個室や半個室は、大切な会食の場として最適。カウンター席では、おひとり様も気軽に料理とお酒が楽しめる。ステージとカラオケを備えた大広間もあるので、忘年会、新年会、歓送迎会などの各種宴会や観光ツアーでの食事にもおすすめ。

  • 和風料理おかめ

    神奈川県 / 厚木市

    和風料理おかめ

    昭和20年創業・うなぎと季節の郷土料理店

    神奈川県央地域・七沢の自然と、美味しい水、食材を求めて、昭和63年に現在の厚木市七沢に移転。季節の山菜や伊勢原市の「寿雀卵」など地元産の食材を、地下100メートルからくみ上げた丹沢山系の地下水を使い、昔ながらの手法で調理している。国産の一本うなぎを味わう「うな重」はもちろん、丹沢で獲れた天然の「いのしし鍋」など、四季折々の郷土料理を提供しており、地元で長年愛される老舗ならではの安心感も嬉しい。テイクアウトも可能で、自宅でも老舗の料理が味わえる。法事やお祝い事など、会食での利用にも最適だ。

カジュアルにうなぎが食べられるお店をエリア別で探す

個室や座敷でゆっくりと ファミリーで一緒に

子どもから大人、お年寄りまで、幅広い世代に愛されるうなぎ料理店は、古くから土用の丑の日の食事など、家族や親戚の集まりに利用されてきました。そのためか、ファミリーで食事を楽しめる店が多くあります。個室なら周りの目を気にせず、家族水いらずで食事できますし、座敷なら赤ちゃんや小さい子どもがいても安心です。うなぎの名産地に家族で旅した時も、ぜひ味わってみてください。

  • うなぎ竹亭本店

    宮城県 / 仙台市泉区

    うなぎ竹亭本店

    昭和40年創業の老舗うなぎ店

    杜の都・仙台の街の喧騒からやや離れた所に佇む「竹亭 本店」。昔ながらの炭火焼きで、江戸前の技を今に伝えるうなぎの蒲焼きが堪能できる人気店だ。日本料理の伝統を踏まえた祝い料理や法事料理にも定評がある。

  • うなぎ 竹亭 中山店

    宮城県 / 仙台市泉区

    うなぎ 竹亭 中山店

    伝統的な料理を江戸前の製法で提供

    宮城県仙台市にある、うなぎやどじょう、懐石料理、天ぷらなどを味わえる日本料理店。うなぎは、鹿児島産・宮崎産・台湾産を中心とした養殖物のなかから、脂が乗った状態の良いものを使用。産地から生きたまま仕入れたうなぎを、職人が長年培ってきた経験と熟練の技によって、美味しい一品へと仕上げている。約10年間東京の和食の名店で修業を積んだ親方は、現在も仕入れから調理まで携わるほど、現場を大切にする人物。日本料理の伝統を大切にしながらも、常に新しい素材や調理法を取り入れ、日本料理の発展を追求している。

  • うなぎのやまげん 加治屋店

    鹿児島県 / 鹿児島市

    うなぎのやまげん 加治屋店

    養鰻生産高全国一の鹿児島うなぎを堪能

    加治屋町の真ん中に佇む、創業40年以上のうなぎ専門店「うなぎのやまげん 加治屋店」。鹿児島特有のシラス台地の湧水で育くまれた上質なうなぎを使用し、ふっくらと芯まで炭で焼き上げている。口の中で、とろりととろける食感と広がる香ばしさに、思わずにっこりしてしまう。色・艶・タレ・香り・味どれをとっても職人の心が最後まで行き届いた上質なうなぎは、「蒲焼き」はもちろん、「鰻丼」「鰻重」「鰻定食」「蒸籠蒸し」など、好みの食べ方でいただこう。「うまき」や「うざく」といった一品料理も用意されている。

  • 味と宴会処 うおふね

    茨城県 / 東茨城郡

    味と宴会処 うおふね

    涸沼産の旬の恵みが味わえる老舗の割烹料理店

    涸沼の旬の恵みが堪能できる、1973年創業の割烹料理店。涸沼は、水戸市の南方に位置する汽水湖。春はシラウオ、夏はうなぎ、冬はシジミ、そして12月から翌1月にかけてはハゼが旬となる。涸沼名物のシラウオとハゼの両方が楽しめる「涸沼ミックス天丼」は、初めて訪れる人にもおすすめ。旨味たっぷりの「しじみ汁」も好評。また、竹製の仕掛けで獲った天然うなぎを使ったうな丼やうな重は絶品で、これを目当てに来店するリピーターも多いという。カウンター席や座敷席、広々とした個室もあり、幅広いシーンで利用できる。

ファミリー向きのうなぎが食べられるお店をエリア別で探す

お値打ち価格で楽しむなら ランチで名店の味を

夜には敷居の高い名店や老舗でも、ランチでなら、うな重やうな丼、ひつまぶしなどを、比較的リーズナブルな値段で味わえることがあります。炭火でじっくりと焼き上げられたうなぎに、時間を越えて受け継がれてきた秘伝のタレ。食べれば幸せな気持ちになること間違いなしです。友人との食事でちょっと贅沢をしたい時、午後からの仕事に向けて元気をチャージしたい時などにおすすめです。

  • 香取屋本店

    千葉県 / 香取市

    香取屋本店

    千葉の新鮮な魚と地元野菜が堪能できる店

    小江戸の風情や、歴史的建造物を残す水郷・佐原の街並みがすぐ近くにある寿司・和食店。元魚問屋の店主が選ぶ、新鮮で美味しい千葉県の魚と地元の野菜、ブランド米「多古米」などが自慢だ。寿司をはじめとする、旬の食材を取り入れた料理の数々を店内でいただけるのはもちろん、お弁当やテイクアウトにも対応。“香取屋本店の味”を自宅で気軽に楽しむこともできると好評だ。夏と秋に開催される、国の重要無形民俗文化財「佐原の大祭」の時には、祭りの雰囲気も味わいながら食事を満喫できるので、その際はぜひ立ち寄りたい。

  • うなぎのしもむら 岡崎店

    愛知県 / 岡崎市

    うなぎのしもむら 岡崎店

    老舗だから仕入れられる厳選うなぎに舌鼓

    JR西岡崎駅から徒歩約3分の場所にある「うなぎのしもむら岡崎店」。旨いと評判の愛知県三河一色産を中心に、仕入れ先と長年の信頼関係を築いたからこそ卸してもらえるという、良質で太物のうなぎが味わえる。また、仕入れが難しいといわれている貴重な肝も豊富に手に入ることから、夜のメニューにサービスで肝吸いが付くのが嬉しい。お得なランチは、平日、祝祭日ともに行っているのでぜひ訪れてみては。店内は全席テーブル席となっており、厳選されたうなぎにゆったりと舌鼓を打てる贅沢な時間を楽しもう。

  • 清流うなぎ月島 東大赤門前店

    東京都 / 文京区

    清流うなぎ月島 東大赤門前店

    老若男女が入りやすい高品質な大衆うなぎ店

    東京メトロ本郷三丁目駅から徒歩約4分、福岡県久留米市に総本店を構える「清流うなぎ 月島」の東京1号店。九州系の甘ダレで子どもも食べやすく、老若男女が楽しめる高品質な大型の日本うなぎを低価格で提供する。

  • うな信

    福井県 / 福井市

    うな信

    名物うなぎの「せいろ蒸し」とうなぎ料理

    福井でうなぎといえば「うな信」といわれるほどの名店。特に人気を博しているのが、伝統の「せいろ蒸し重」だ。ご飯とせいろで蒸すことにより、うなぎの旨味がさらに増してほっこりふわふわになった、一度は味わいたい繊細な仕上がりの逸品。また、冬の時期にはカニを使ったせいろ蒸し料理も人気があって、県外からも客が多く訪れている。予算に合わせてコース料理を注文できるので、そちらもおすすめ。旅館のような落ち着いた雰囲気が漂う店内に、新たにテーブル席を増席。少人数での食事から、家族連れまで対応している。

ランチにおすすめなうなぎが食べられるお店をエリア別で探す

うなぎが美味しい人気店をエリア別で探す

よくあるご質問

  • 新垣結衣さんや米倉涼子さんが登場する「月刊旅色」をいつも楽しみにしていますが、最近は「旅色FOCAL」も気になっています。旅色FOCALについて詳しく教えてください。

    いつもご覧いただきありがとうございます。「旅色FOCAL」は日本のローカルにフォーカスする旅色特別号で、はじめて訪れる土地で見つけた感動や興奮をお届けする電子雑誌です。毎月25日公開の「月刊旅色」とあわせて、旅色FOCALも是非お楽しみください。

  • 旅色では観光情報だけでなく、旅館・ホテル、飲食店、レジャースポットの情報を取り扱っているかと思いますが、それぞれどのページを参考に選べばよいでしょうか。

    旅館・ホテル」「グルメ・飲食店」「観光・体験・レジャー」など、それぞれで専用のページを設けています。また「人気ランキング」「厳千宿」「テーマ別特集」など特別コンテンツでもご紹介しております。

その他の特集を見る

もっと美味しく味わいたい 人気のうなぎ料理の楽しみ方
選び方はさまざま 料理も美味な人気居酒屋
全席喫煙可も分煙もご案内 たばこが吸えるディナーを満喫!
おいしいイタリア料理を満喫 人気のイタリアンレストラン
旅行先の市場やお店で楽しむ 人気の、おいしい海鮮グルメ