【青木裕子の親子旅】グランピングに動物との触れ合いも! 伊豆2泊3日の旅

静岡県

2022.06.16

LINEでシェア
はてなでシェア
【青木裕子の親子旅】グランピングに動物との触れ合いも! 伊豆2泊3日の旅

こんにちは。みなさんいかがお過ごしですか。暖かくなってきて、お出かけも楽しい季節になりましたね。我が家にはある事件が起きたのですが(!)その恩恵もあり、「キャンプに行きたい」という次男の希望をかなえるべく伊豆旅行へ行ってきました。滞在したのは「伊豆シャボテンヴィレッジ」と「ヴィラージュ伊豆高原」。子連れ旅に嬉しいグランピングに、動物と触れ合える体験もたっぷりの旅の様子をお伝えします。

文・写真/青木裕子

目次

閉じる

安心安全にアウトドアが楽しめる「グランピング」へ

1日目/「伊豆シャボテンヴィレッジ」快適なドームテントとBBQに大満足

2日目/朝食をたっぷり食べていざ「伊豆シャボテン動物公園」へ

3日目/動物との触れ合いに大興奮「体感型動物園 iZoo」と「伊豆アニマルキングダム」

きっちり決めすぎない。子どもの興味を大切に

安心安全にアウトドアが楽しめる「グランピング」へ

長男が、サッカーの練習中に左ひじを骨折しました(泣)。コロナ禍でサッカーの大会には出場選手しか入場できないため「応援もできない……」と悲しそうな長男。とはいえ「ゴールデンウィークはどこにも行けないな」と思っていたのが一転、家族の時間ができました。「それじゃあ、せっかくの時間を楽しもう!」と急遽旅の計画を立てることに。長男は、骨折から2週間強経ってギブスは外れていましたが、激しく動くことはできないため、今回は“観ること”中心のプランです。ケガ療養中のお子さんとの旅(ニッチすぎますね)、小さなお子さんや激しく遊びまわるのではなくゆったり楽しみたいという気分の旅の参考になればと思います。

まず1日目。次男に「何がしたい?」と聞くと、二つ返事で「キャンプ!」とのこと。おう、なかなかハードルを上げてくるじゃないか。
今回は予定が合ったママ友&お友達と、母子の旅。テントを立てるのは長男が戦力になるときがいいなぁ……ただ、ずっと行きたがっていたのは知っていたので、何とか少しでも希望をかなえたい。そこで選んだのが「グランピング」でした。

1日目/「伊豆シャボテンヴィレッジ」快適なドームテントとBBQに大満足

伊豆シャボテンヴィレッジ

泊まったのはこちら「伊豆シャボテンヴィレッジ」です。大人気のため、ゴールデンウィーク中はもちろん満室だったのですが、幸運なことに、前乗りの木曜日の夜が空いていました。
学校帰りの子どもたちを急いで車に乗せて出発! 夕方に到着して、その後はBBQを楽しみ、翌日はチェックアウトまでのんびりして、その後伊豆シャボテン動物公園へ……と計画していたのですが、予定通りにはいかないもの。当日子どもたちの帰宅が予定よりも遅くなり、渋滞にはまって到着したのは7時半頃。焦りましたが、施設のスタッフの方がとても親切に対応してくださったので本当にありがたかったです。長時間運転の後の人の優しさって染みるものですね。遅くなってしまったので背景が暗いですが、到着したドームテントはこんな感じです。

伊豆シャボテンヴィレッジ

かわいらしいドームテント

伊豆シャボテンヴィレッジ

畳に大き目のこたつでゆったりと

今回はこたつのある和室。長男が、行く前から「このこたつでポケモンカードをやる!」と目をつけていた通り、ゲームをするのにちょうどいい大きさでした。

伊豆シャボテンヴィレッジ

キャビンにはバス・トイレ付

伊豆シャボテンヴィレッジ

充実のアメニティ

ちなみに、中にはちゃんとお風呂もあり、施設内には温泉も。アメニティも一般的なホテル並みに揃っています。もはや、グランピングというより快適なホテル泊のように感じられるほど!

伊豆シャボテンヴィレッジ

お肉も野菜もたっぷりのBBQ

伊豆シャボテンヴィレッジ

会場はテント隣接のプライベートデッキ

伊豆シャボテンヴィレッジ

布団は子どもたちに頑張ってもらいました

それでも、テントに泊まるというだけで子どもたちは大興奮です。寝るときは布団を敷いて。快適すぎるグランピングで子どもたちのお手伝い場面がなかなかなかったのですが、ここは頑張ってもらいました。キャンプなどに子どもを連れていくときには、なるべく彼らの役割を与えるようにします。布団にシーツをかけたり、うまく並べたり。いつもはベッド生活なのでこんな経験もなかなか貴重です。

2日目/朝食をたっぷり食べていざ「伊豆シャボテン動物公園」へ

伊豆シャボテンヴィレッジ

カラフルなフルーツでオリジナルのサンドイッチづくり

伊豆シャボテンヴィレッジ

外でいただくとおいしさも倍増

伊豆シャボテンヴィレッジ

バーベキューグリルでホットサンドもつくれます

ぐっすり眠って、翌日。プランには朝食も含まれていました。パンや果物、オムレツにお野菜とこれまたたっぷり。ホットサンドとスープはグリルを使います。子どもたちは思い思いに具材をサンドして、サンドイッチをつくりました。

前日の到着時は暗かったので、改めて朝に施設内を撮ってみると……。

伊豆シャボテンヴィレッジ

広い施設には18棟のテントサイト

曇っていますね。そう、実は夜に雨が降り、さらに朝からも降ったりやんだり(この後夕方にかけて土砂降りになっていくのですがそのことはまた後ほど)。私はキャンプも好きなのですが、雨の日にテントを片付けるのはかなりキツイ! キャンプ上級者の友人に"雨のときの上手な撤収方法" を聞いても「雨のときはキャンプはやめておくのが一番だよ」と言われる始末……なので、こういうときにグランピングって本当にありがたい、とつくづく思うのです。その後はシャボテンヴィレッジでチェックアウトまでゆったりと過ごし、11時過ぎに併設しているシャボテン公園に向かいました。

◆伊豆シャボテンヴィレッジ
住所:静岡県伊東市富戸1317-584
電話:0557-52-3711(グランピング専用)

伊豆シャボテンヴィレッジ

棒の先のトレイにリンゴを乗せるスタイル

お昼前に入場した伊豆シャボテン動物公園。2年前の秋にも訪れて、今回で2回目です。再訪のお目当ては、次男の大好きなこちら。レッサーパンダのおやつタイムです。筋金入りの“レッサーパンダ好き”の次男。近場の動物園には通いつくしましたが、こうしておやつをあげる体験はとっても貴重です。

夕方から天気が崩れると予想し、ボートでお猿さんたちに会いに行く「アニマルボートツアーズ」に早めに行こう思っていたのですが、予想よりもずっと早く雨脚が強まり、土砂降りに! ひとまず温室や屋内の動物たちのところを巡り、かわいいレストラン「森のどうぶつレストラン~GIBBONTEI~」でお昼ごはんにすることにしました。

森のどうぶつレストラン~GIBBONTEI~

カピバラをモチーフにした「カピバーガー」をぱくり

森のどうぶつレストラン~GIBBONTEI~

動物たちが相席してくれます

その後もサボテンの寄せ植えやアニマルショーなど屋内で楽しめることをひと通り楽しみました。園内を自由に動き回るお猿さんたちに会えなかったのは残念でしたが、シャボテン動物公園は屋内でも楽しめる場所がたくさんあるので、子どもたちも満足した様子。

ヴィラージュ伊豆高原

ビスタバススイート<2021年リニューアル>

ヴィラージュ伊豆高原

家族3人で布団で就寝

そして、少し早めに向かうことにした2泊目の宿泊地は「ヴィラージュ伊豆高原」。この日は夕方から雨かもという予想はしていたので、ホテルでも楽しめるよう、プールとカラオケがあるホテルを選びました(長男は事前に病院の先生から軽く遊ぶ程度ならプールは入っても大丈夫と許可をもらいました)。マンションタイプで、とっても過ごしやすかったです。夕飯もお部屋で出前を取ることがでました。夜寝るときも子どもたちは布団でゴロゴロできて、自宅のようにくつろぎながらこの日はゆっくり就寝しました。

◆ヴィラージュ伊豆高原
住所:静岡県伊東市富戸1317-8
電話:03-6863-8430(総合予約センター)

3日目/動物との触れ合いに大興奮「体感型動物園 iZoo」と「伊豆アニマルキングダム」

昨日の雨が嘘のような晴天! どこに行くか会議をして、せっかくだから足を延ばしてみようと向かったのは「体感型動物園 iZoo(イズ―)」です。お友達から「他の動物園とはひと味違って楽しいよ」と聞いてはいたのですが、本当にすごかった!

体感型動物園 iZoo(イズ―)

放し飼いのカメにドキドキのエサやり

体感型動物園 iZoo(イズ―)

爬虫類も

たくさんのヘビやワニを目にしたり、カメに囲まれたり、トカゲに触ったり、ヘビを首にかけたり……子どもたちはカメに乗ることもできました。爬虫類がなんとも言えず愛くるしくて、大人も子どもも夢中になりました。

◆体感型動物園 iZoo
住所:静岡県賀茂郡河津町浜406-2
電話:0558-34-0003
開園時間:9:00~17:00 ※最終入園16:30
入園料:大人(中学生以上)2,000円、小人(小学生)800円、幼児(6歳未満)無料

2時間強楽しんで、そろそろ帰路に……と車を走らせていると、帰り道で「アニマルキングダム」の看板を発見。折角だから、サクッとだけど寄り道をすることにしました。ママ友との旅はアクティブになりがちです(笑)。アニマルキングダムでもたくさんの動物たちと触れ合ってきましたよ。

伊豆アニマルキングダム

次男が好きなチーターにも会えました

伊豆アニマルキングダム

シャボテン動物公園では次男の推しのレッサーパンダに会えましたが、アニマルキングダムでは長男の推しのチーターにも会え、みんなが大満足の伊豆旅行が完結しました。

◆伊豆アニマルキングダム
住所: 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3344
電話:0557-95-3535
開園時間:9:30~16:00 ※最終入園15:00
入園料:<平日>大人2,500円、子供1,250円 <土日祝日・繁忙期>大人2,700円、子供1,350円
休園日:2022年6月14・15・16日、12月6・7・8日

きっちり決めすぎない。子どもの興味を大切に

今回の旅は2泊なので心に余裕がありました。子連れ旅行をしていて思うのですが、前乗りだけでもくっつけて2泊にすることで、かなり気持ちが変わります。更に私が心がけているのが、きっちり予定を組みすぎないこと。これ、大人だけの場合は行き当たりばったりの旅になるのですが、子連れのときはまた意味合いが違います。あらゆる施設やイベント開始時間などのスケジュールを徹底的に調べたうえで「絶対行かなきゃいけないわけじゃないんだよー」という心持ちでいること。正直、負担はなかなかです。それでも“できる秘書”になったつもりで毎回予定を立て、子どもの気持ちや体調に合わせて臨機応変に、「じゃあ、こっちにしようか。」がすぐ出せるようにしておきます。
子どもと一緒に「どうしようかぁ」とその場で考えた結果、飽きられて、ぐずられて……という地獄展開だけは避けつつ、親がすべてを決めてガイドするのではなく、興味の向くことを尊重できるようにするのも大事なポイントです。
例えば、次男は、好きな動物がいると何分でもその前で立ち止まるので、そういう時間は大切に。「次があるから急ぐよ!」と言わないでいてあげられるのが、親子旅(今回は気心知れたママ友親子とのペア親子旅ですが)のいいところでもあると思うのです。


伊豆シャボテンヴィレッジ

伊豆シャボテン動物公園ではカワウソへのエサやり体験も

帰りはなかなかの渋滞ではありましたが、2泊3日で楽しみつくした今回の伊豆旅。温泉地のイメージが強いですが(あっ、2泊とも温泉もありました!)、子どもたちが楽しめる施設がぎゅっと固まっている伊豆は、親子旅にもおすすめです。特に、観るだけではなく、たくさんの生きものと触れ合える施設は、子どもたちの興味・関心を広げるのにもってこいです。近くで観察することで「キリンのべろって黒いんだね」とか「カワウソの手って肉球がプニプニしているね」など、たくさんのことに気付きます。そうした体験が、好奇心を育み、物事をよく観察する習慣に繋がっていくといいなと思っています。また、実際に見たことなどを、家で図鑑を広げて一緒に確認してみるというのも学びの一歩としていいですよね。

日常ではなかなかできない体験を、親子一緒に。実りの多い旅になりました。

Related Tag

#グランピング #伊豆 #動物園 #親子旅 #静岡県

Author

Ambassador

親子旅親子旅

青木裕子

2005年に慶応大学を卒業し、TBSテレビにアナウンサーとして入社。入社3ヶ月で『サンデージャポン』を担当。その後『News23x』をはじめ、報道やスポーツなど多くの番組を担当するなど天真爛漫な人柄で注目を集める。2012年12月末にTBSを退職。フリーアナウンサーとして活動をスタートした。モデル、ナレーション等活動の幅を広げ活躍中。

Articles

【青木裕子の親子旅】キャラクタールームで子どもが大満足のホテルステイ

New articles

- 新着記事 -

  • NEW

熊本県

2022.06.27

南沙良さんと自然豊かな南小国町・黒川温泉を巡る「旅色FO-CAL南小国町」が公開

旅色編集部

TABIIRO

  • NEW

全国

2022.06.27

海荷ちゃん着用衣装をスタイリストが解説! 旅先におすすめのファッションとは?

ホソブチ

編集部

  • NEW

全国

2022.06.27

川島海荷が松阪牛にうっとり! 三重県松阪市の旅|月刊旅色2022年7月号

ホソブチ

編集部

  • NEW

全国

2022.06.23

旅色LIKESメンバーが「あじさい」を愛でる。全国のおすすめスポットを紹介

シラタ

編集部

  • NEW

福岡県

2022.06.23

リゾート気分を身近なところで楽しむ! 「ザ・ルイガンズ.スパ&リゾート」で“ホカンス”をしました

エリー

映え旅

  • NEW

東京都

2022.06.21

枯死の危機を乗り越えた“コケ界のレジェンド”に会いに、池上本門寺へ【コケ愛好家・藤井久子の“コケ目線”で歩く寺社仏閣めぐり第三回】

藤井久子

コケ愛好家

More

Authors

自分だけの旅のテーマや、専門的な知識をもとに、新しい旅スタイルを提案します。

TABIIRO

旅色編集部

編集部

ホソブチ

編集部

シラタ

映え旅映え旅

エリー

コケ愛好家

藤井久子

スイーツ旅スイーツ旅

村田倫子

編集部

タジマ

旅色LIKESライター旅色LIKESライター

なお